スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳出血と脳梗塞が逆転

脳卒中(脳血管障害)は、昭和26年にそれまで日本人の死亡率のトップを占めていた、結核にかわってトップに躍り出ました。その後、ずいぶんと長いあいだ、首位に位置していましたが、昭和45年ころからしだいに減り始めました。

脳卒中(脳血管障害)の3つ、脳出血、脳梗塞、くも膜下出血のすべてについてずいぶんと減っています。そして昭和60年には、心臓病よりも少なくなり、第3位になりました。 脳卒中(脳血管障害)の3つ、脳出血、脳梗塞、くも膜下出血の内訳は、かつては、1位が脳出血、2位がくも膜下出血、3位が脳梗塞でした(1960年)。

日本人には、脳出血が多く、脳梗塞は少ないというのが一般的な傾向だったのです。 しかし平成に入り、平成7年には脳梗塞が脳出血の2倍以上になっています。このような脳出血と脳梗塞が逆転した理由は、4つ考えられます。

1つは、医療技術の進歩(CTスキャン)により、両者の区別が容易になったことです。脳出血は、脳の血管が破れて脳のなかに出血するものであるのに対し、脳梗塞は、脳の血管がつまってそこから先に血液が流れなくなることから脳の組織が死んでしまう病気です。

2つは、精力的に実態調査がおこなわれるようになったことです。

3つは、脳出血の大部分を占めるのが、高血圧性脳出血なのですが、この高血圧の管理が比較的よくおこなわれるようになったことがあります。 そして4めとしては、環境、特に食生活の変化によって、動脈硬化による病気が日本人に増えているということです。



デイジーラバーズパラダイスキッ ズ キャップ ポンポネット ポンポネットジュニア 長袖シャ ツ ポンポネットジュニア パーカー ブルークロスガールズ ブルークロスガールズ ワンピー ス ブルークロスガールズ バッグ エンジェルブルーキッズ エンジェルブルーキッズ リュッ ク エンジェルブルー
スポンサーサイト

comment

Secre

プロフィール

simarisu1

Author:simarisu1
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。